人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カメムシもイタリア観光!

今日はイタリア観光の2日目。
世界遺産ヴェネツィア市内観光とゴンドラでの遊覧です。
ホテルを8:20に出発し、トロンケットの船着き場まで。
沢山の屋台が出ています。
ここで船に乗り換えベネチア本島へ。f0054429_23245685.jpg





ベネチア本島の街並みです。
f0054429_23261751.jpg


f0054429_23264549.jpg


今日は生憎の雨になり、傘を差してのゴンドラ遊覧です。
風情があっていいかな?
以前はゴンドラを煌びやかに飾り立てるのがステータスとされていたようですが、際限がなくなってきて禁止され、今では黒1色に統一されているようです。
f0054429_23282680.jpg


船尾に立つゴンドリエーレが1本の櫂を操って小運河巡りがスタートです。
囚人が溜め息をつきながら渡ったという、溜め息の橋(両側の建物は修理中)をくぐります。
f0054429_23292866.jpg


途中、後のグループのゴンドラに追い越され、私達の乗ったこのゴンドリエーレどうやら初心者?
私達も片方によりゴンドラを傾けて橋を潜るとき、船尾の飾りを橋にぶつけたり、舳先飾りペッティで建物の壁を傷つけたりとなかなか前に進めません。
f0054429_23371337.jpg


f0054429_23332423.jpg


f0054429_2330503.jpg


f0054429_23395955.jpg


f0054429_23402730.jpg


2人のヴェネツィア商人によって運ばれた聖遺骸を安置するため建てられたという教会サン・マルコ寺院。
f0054429_23415068.jpg


f0054429_2357193.jpg


f0054429_23592068.jpg


f0054429_23595346.jpg


内部は縦・横がほぼ同じ長さの十字型で、外部は5つのドーム屋根が特徴です。
建物内部を覆う黄金のモザイクや大理石、なかでも内陣にある祭壇の衝立「パラ・ドーロ」は、金と宝石で飾られきらびやかの一言。
残念ながら撮影禁止でした。
この日は高潮で寺院の内部や入り口付近が冠水しており、板の上を渡っての入場でした。
こちら向きの男性が、ここを今日案内してくれているガイドさんです。
f0054429_23474267.jpg


ナポレオンが大絶賛という美しいサン・マルコ広場からのサンマルコ寺院。右手の塔は大鐘楼、高さは96mとのこと。
生憎見晴らし台には上りませんでした。
f0054429_2349026.jpg


f0054429_004298.jpg


寺院正面の頂上部分には聖マルコ像が。
その下にはヴェネツィアの象徴である有翼の獅子像(黄金)が祭られています。
f0054429_2349595.jpg


f0054429_23561266.jpg


この後は高級のイメージのベネチアングラスのお店に。
ガラス吹きの実演も見学。
f0054429_23515657.jpg


湯のみは起き上がりこぼしのように倒れても起き上がってきます。
f0054429_23524156.jpg


後はしばらく自由散策。
ブランド店(見てるだけ~、値段を聞いてみるだけ~)やガラス工芸のお店で楽しいひと時を過ごす。
f0054429_2354992.jpg


f0054429_011961.jpg


又船で戻り、長靴型のイタリアの太もも部分のフィレンツェへ向けて出発です。
お昼にはイカスミパスタ、夕食はラザニア料理でした。
ここのラザニア料理のレストランでカメムシ発見。
今日はなぜか普段よく嗅ぐカメムシの臭いに悩まされつつの旅であったのですが、やっぱりカメムシお前がいたか!!!(;一_一)
とうとう発見しました。洗濯物に侵入しトランクでの密航のようです。
もし卵でも抱えていたら、イタリアで大量発生?
内緒!!内緒にしとこっ!!!
by himakura2 | 2009-11-18 00:20 | 旅行