今を輝く


by himakura2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:旅行( 61 )

先日「益子焼&真田ゆかりの地巡り」に行ってきました
車2台に分乗し8:00出発
今夜の宿、栃木県真岡市の井頭温泉へ、550km余、休憩をとりながら8時間かけて目指します
到着。温泉で汗を流し、次々と出てくる御馳走に舌鼓。し・あ・わ・せ~~
2日目、「福徳成就」の大前恵比寿神社にお参り。何と9月には「宝くじ夢祈願祭」なるものもあるようです
f0054429_1081157.jpg

続いて益子焼へ。横川駅の峠の釜めしの釜を生産している「つかもと」の工場がありました
少し走って益子焼窯元共販センターへ
f0054429_1091419.jpg

ここで電動ろくろの体験
f0054429_1092687.jpg

続いて長野県の山家神社へ。平安時代の「延喜式神名張」にも載せられている由緒ある神社境内には真田神社、鬼瓦も展示
f0054429_1010225.jpg

f0054429_10102596.jpg

f0054429_1011040.jpg

神社裏にはひっそりと男石・女石が祀られていました
f0054429_1011306.jpg

続いて長谷寺(ちょうこくじ)へ。真田幸隆が開山した真田氏の菩提寺。六文銭が刻まれた石門がありました
f0054429_10121574.jpg

f0054429_10122994.jpg

f0054429_10124190.jpg

境内には幸隆夫妻と昌幸の墓がありました。苔むしたお墓が歴史を感じさせます。
f0054429_1013895.jpg

参拝客が六文銭を真似て置いた5円玉
f0054429_101631.jpg

f0054429_10161530.jpg

今夜の宿、真田の里の隠し湯、角間温泉岩屋館へ。細い山道をどんどん登っていくと、まさに山の中にポツンと建っていました。熊でも出てきそうな雰囲気の温泉宿です。玄関には熊の剥製が
f0054429_10164282.jpg

f0054429_10165671.jpg

3日目、翌朝は朝食前に宿に隣接した岩屋観音にお参り。急な200の階段を上ります
f0054429_10172291.jpg

岩と岩の間を飛んだという猿飛岩、獣道のような道をたどり見晴らし台へ
f0054429_10174199.jpg

崖からの転落もなく、無事に遊歩道に帰ってきました。緑・緑で大いに森林浴を楽しみました
f0054429_1018284.jpg

f0054429_10181422.jpg

近くの真田氏本城跡へ
f0054429_10183319.jpg

次に真田氏歴史館。残念ながら撮影禁止。真田幸隆をはじめとする真田氏一族の戦いの足跡や武具・甲冑などの貴重な資料が沢山展示されていました
f0054429_101931.jpg

続いて上田城跡へ。大河ドラマ・真田丸の建物もありました。直径2m、深さ16.5mの井戸には抜け穴があったそうです
f0054429_10194535.jpg

f0054429_10201419.jpg

f0054429_10202589.jpg

無料で一緒にカメラにおさまってくれます
f0054429_1020516.jpg

お昼は草笛手打蕎麦処・刀屋へ。簾の後ろに行列がありました
f0054429_1021103.jpg

日本四方鳴竜の一つ、南の信濃妙見寺へ。本堂のある位置で手を打つと天井から音が響いてきます
f0054429_10213770.jpg

諏訪市の御柱祭、木落とし坂へ
f0054429_10221482.jpg

あちこちで休憩を取ったSA
f0054429_10222826.jpg

[PR]
by himakura2 | 2016-06-29 10:28 | 旅行

京都紅葉狩り

一昨日京都に出かけてきました。香嵐渓のバスツアーに申し込んでいたのですが、催行せずということでポッカリ穴が開き、どうしよう??「そうだ!!京都に行こう」ということで、友達と二人京都にやってきました。お互い下調べもせず、京都駅に着いてからもどこへ行く???金閣寺?嵐山?上賀茂神社?結局駅からやや近めの清水寺に行くことにしました。ここはタクシーを奮発。車1台通れる場所をスイスイと。流石観光地のタクシーです。あっぱれ!!
清水寺は平日でもすごい人出でした。
f0054429_2259183.jpg

f0054429_22592155.jpg

f0054429_2312250.jpg

このスポットはポスターによく使われているところ。残念ながら真っ赤な紅葉のつもりがこんな感じでした。
f0054429_2305926.jpg

着物姿のお姉さんの言葉を聞いていると??中国からの観光客でした。
f0054429_2322267.jpg

紅葉には少し早めで残念でした。
f0054429_2341132.jpg

f0054429_2342930.jpg

f0054429_2345072.jpg

ここで昼食を。一番綺麗な景色でした。
f0054429_2351513.jpg

f0054429_2353397.jpg

f0054429_2355342.jpg

f0054429_236795.jpg

次に市バスを利用し銀閣寺へ。ここも紅葉には少し早かったようです。
国宝観音殿。
f0054429_2365765.jpg

f0054429_2372264.jpg

f0054429_238150.jpg

国宝東求堂。
f0054429_2381989.jpg

f0054429_238523.jpg

f0054429_2391299.jpg

この後人力車のお兄さんの情報をもとに、あまり込み合っていない場所へ。
f0054429_2310488.jpg

f0054429_23115100.jpg

f0054429_23113665.jpg

f0054429_23115466.jpg

f0054429_2312879.jpg

f0054429_23122468.jpg

途中哲学の道を横断。桜が綺麗な場所です。
f0054429_23124360.jpg

[PR]
by himakura2 | 2015-11-22 23:13 | 旅行
松陰神社前に車を止め、旧松木村コース(松陰神社、松下村塾)を散策しました。
f0054429_15453856.jpg

f0054429_1546937.jpg

f0054429_15463742.jpg

f0054429_1654569.jpg

f0054429_15472843.jpg

この後黄檗宗東光寺へ。
f0054429_1548168.jpg

f0054429_15482971.jpg

f0054429_15485672.jpg

ここには萩藩主毛利家墓所で3代吉就から11代斉元までの奇数代の藩主の墓がありました。
石灯籠は約500基。
f0054429_15493029.jpg
f0054429_15494481.jpg

f0054429_1550750.jpg

蔓に抱き着かれ成長した木を発見。
f0054429_15504538.jpg

次の名所に移動です。
f0054429_15515824.jpg

藍場川散策。沢山の鯉が放流され、風情あふれる所でした。
f0054429_15523298.jpg

ここ一帯は重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
その中の一つ桂太郎旧宅にお邪魔しました。
気さくな方が応対してくれました。
藍場川の水を引き込んだ流水式池泉庭園。
f0054429_15531912.jpg

ここにも萩焼窯がありました。
f0054429_15552888.jpg

道の駅の中に松陰記念館がありました。
f0054429_15562414.jpg

中国自動車道、九州自動車道を戻ります。関門橋で休憩。
f0054429_15564950.jpg

f0054429_15572436.jpg

新門司港フェリーターミナルへ。帰りは大洋フェリー(京都Ⅱ)を利用。9,800㌧。
19:50発、朝8:30には大阪南港フェリーターミナルに到着しました。
f0054429_15575257.jpg

f0054429_1558626.jpg

大洋フェリー内部。1等洋室4人部屋。梯子タイプの2段ベットでした。11,280円也。
f0054429_15582675.jpg

このフェリーはドライバーと同乗で下船できました。
f0054429_15584365.jpg

途中お茶したり、昼食をゆっくり摂りながら戻ってきました。
梅雨の最中、一度も傘なしで過ごせました。
通行料は往復で1台当たり約15,000円でした。
コースを組んで頂いたMさん有難う!!
[PR]
by himakura2 | 2015-07-05 16:06 | 旅行
3日目
今日は九州自動車道・中国自動車道を通り山口県萩市へ。
f0054429_2239763.jpg

萩焼の窯元を訪問、登り窯も見てきました。
f0054429_22395473.jpg

f0054429_22401776.jpg

f0054429_22404995.jpg

萩焼資料館を見学。
f0054429_22412187.jpg

萩城址。
f0054429_2242788.jpg

ここは萩散策によく取り上げられる道だそうです。
f0054429_22424664.jpg

文と萩物語の花燃ゆ大河ドラマ館です。中は撮影禁止でした。
ドラマを見ていないので新鮮でした。
f0054429_22432990.jpg

貸自転車や貸ミニカーもありました。ゆっくり散策するのも良いですね。
f0054429_22441431.jpg

ドラマ館の隣には旧萩藩校明倫館がありました。
f0054429_22451221.jpg

f0054429_22453852.jpg

f0054429_2246359.jpg

f0054429_2246242.jpg

f0054429_22464479.jpg

f0054429_2247419.jpg

f0054429_22472980.jpg

f0054429_22474991.jpg

旧明倫小学校本館です。
f0054429_22483290.jpg

[PR]
by himakura2 | 2015-07-04 22:56 | 旅行
ここから1時間ほどかけて、名物のいか活き造りを食べるため呼子迄やってきました。
道中にはいか活き造りの店が沢山ありました。
私たちが入ったのは河太郎呼子店です。定食2.700円。
f0054429_221202.jpg

正に透明、足の部分は未だ動いていました。げそは後でてんぷらにしてくれました。
f0054429_2213780.jpg

店には自衛隊の船が横づけされていました。どうやら食事にみえたようです。
f0054429_22141640.jpg

すぐ側では釣竿を垂らす人もいます。何が釣れるのかな~??
f0054429_2215276.jpg

港ではいか釣り漁船が沢山。
f0054429_22155397.jpg

f0054429_22161589.jpg

f0054429_22163876.jpg

次に向かったのは唐津城。
f0054429_22174022.jpg

海上タクシーもいます。
f0054429_22184544.jpg

景色がとっても素晴らしかったです。
f0054429_22192730.jpg

ここからは道中の虹の松原へ。
唐津湾沿いに虹の弧のように連なる松林は全長5km、幅1km。約100何本の松が植わっているようです。
f0054429_22201776.jpg

九州道を通り古賀SAで休憩。
f0054429_22205347.jpg

今日の宿、門司港のホテルにチェックイン。
荷物を置いて門司港レトロへ。
旧門司三井倶楽部、旧門司税関、旧大阪商船等の建物があります。
海峡寿司海守で初めてフグの寿司を食べました。
その後レトロ街を散策。
f0054429_22292068.jpg

建物の上に乗っかっているのはヘリポートです。
f0054429_2230939.jpg

はね橋がありました。残念ながら今日はもう見る事が出来ませんでした。
f0054429_22312625.jpg

[PR]
by himakura2 | 2015-07-04 22:25 | 旅行
新門司フェリー乗り場から九州自動車道、長崎自動車道を通り佐賀県へ。
f0054429_2136519.jpg

有田焼のデパート丸兄商社へやってきました。
とにかく看板から、外周とどの付く派手さ加減です。
f0054429_21365275.jpg
f0054429_21371283.jpg

ここでは上絵付け体験をしてきました。出来上がりは1ヶ月後。
こちらは店内の様子です。
f0054429_21384491.jpg

f0054429_2139822.jpg

f0054429_21392966.jpg

f0054429_21394685.jpg

f0054429_2140328.jpg

f0054429_2140256.jpg

トイレも完璧です。
f0054429_21411174.jpg

すぐ近くにある、おそらく日本一と思われる銀杏の巨木(有田の大公孫樹)を見学。
f0054429_21451563.jpg

ここは道中の泉山磁石場。
有田焼の原料となる陶石の採掘場。今は殆ど採掘されていない採掘場跡です。
f0054429_21455260.jpg

f0054429_21461394.jpg

古伊万里を展示している民家風の展示場で、語り部さんから興味深い話を聞かせてもらいました。
f0054429_2147214.jpg

f0054429_21472859.jpg

鍋島藩御用窯つくられた焼物を鍋島と呼び、その伝統を受け継いだのが伊万里焼だそうです。
教えてもらった伊万里鍋島焼、秘窯の里、大川内山へ。
丁度風鈴まつりをしており、カメラマンも来ていました。
f0054429_21481123.jpg

f0054429_21483181.jpg

何処の窯も今は使われていないのか煙突から草が生えています。
f0054429_21492220.jpg

[PR]
by himakura2 | 2015-07-03 21:51 | 旅行
6月下旬、3泊4日で北九州と山口県のやきもの、名所を見て回ってきました。
泉大津から阪九フェリーで新門司まで。
17:30出発して朝の6:00にはもう北九州です。これで7,570円。
阪九フェリー(いずみ)は15,897㌧。全体の写真は撮れませんでした。
f0054429_2122535.jpg

ロビーやレストラン、客室の通路等の写真です。
f0054429_21225298.jpg

f0054429_21231541.jpg

私たちはデラックスB洋室4名部屋を二つ借りて快適な船の旅の始まりです。
部屋は2段ベッド。階段式になっており上手く工夫されていました。
f0054429_21235753.jpg

デッキからの眺め。
f0054429_21244764.jpg

デッキ部分はブルーで船の白とよく合っています。
f0054429_21254695.jpg

f0054429_2126883.jpg

f0054429_21262751.jpg

いずみの全体写真。
露天風呂や大浴場、展望ルームもあります。正面が女性用の大浴場入口です。
f0054429_2129127.jpg

沖行く船。
f0054429_21293652.jpg

明石大橋を18:30頃通過。橋を真下から眺めました。
f0054429_2130144.jpg

瀬戸大橋は21:40頃通過。真っ暗で撮った写真はボツ。
来島海峡大橋は00:00頃。もう夢の中でした。
[PR]
by himakura2 | 2015-07-03 21:33 | 旅行

天橋立

昨日は旧職場の旅行同好会主催の天橋立食べ放題、ズワイガニ、アワビ、甘海老、ホタテ、牛ステーキ。
海鮮丼乗っけ放題、ウニ、イクラ、鯛、サーモン、いかのキャッチフレーズにひかれ初参加してきました。
確かに45分あればかなり食べられそうです。
でも昨日は風邪の後遺症の咳だけが例年のごとく当日表れ、残念ながら食事時にも表れ、願いかなわず早々と食事放棄の憂き目に(>_<)
でもその後の天橋立 股のぞきは達成できました。
誰も知り合いのいない旅でしたが、話してみれば遠い、遠い、遠~い親戚の人がいました。
ここでは記念写真を撮りました。
f0054429_0445963.jpg

その後リフトに乗って飛龍観展望・股のぞきへ。
f0054429_01172.jpg

f0054429_013545.jpg

展望台の景色が見えます。
f0054429_05344.jpg

f0054429_073812.jpg

私も覘いてみました。その時の映像です。
f0054429_0325541.jpg

次々と覘いていきます。
f0054429_03694.jpg

ここは的を狙って丸い焼き物を投げます。3ケ300円のかわらけ投げです。
f0054429_0392372.jpg

上手くいきません(>_<)









f0054429_0393825.jpg

[PR]
by himakura2 | 2014-12-11 00:48 | 旅行

北海道旅行4日目

北海道旅行4日目最終日-----定山渓・豊平峡
定山渓温泉(14景)。
泊まったホテル前。
f0054429_16403774.jpg

最後の観光豊平峡(15景)。
駐車場からはシャトルバスに乗り換えてダムまで行きます。
f0054429_16411744.jpg

f0054429_16425027.jpg

f0054429_16432611.jpg

f0054429_16435431.jpg

f0054429_1644162.jpg

f0054429_16452582.jpg

f0054429_16455226.jpg

この後新千歳空港へ。
台風10号の影響で1時間遅れで新千歳空港とお別れしました。
その前にANAから1,000円貰ったのでお茶を。
3時過ぎにはセントレアに到着。現実に戻りました。
[PR]
by himakura2 | 2014-11-10 16:49 | 旅行

北海道旅行3日目

北海道旅行3日目-----小樽。
小樽への道中、札幌市内を車窓からパチリ。
f0054429_14321547.jpg

f0054429_14324644.jpg

小樽(12景)に到着しました。
小樽運河。ガス灯、人力車。
f0054429_14341786.jpg

古い石造りの倉庫が立ち並んでいます。
f0054429_14342375.jpg

f0054429_14372627.jpg

f0054429_14374428.jpg

f0054429_1440135.jpg

キャンバスにはどんな絵が仕上がるのでしょう?
f0054429_14412834.jpg

壁にはいろんな絵が彫られています。
f0054429_14422023.jpg

f0054429_14591485.jpg

運河クルーズの人たち。
f0054429_14433667.jpg

鮭の姿も見えます。
f0054429_14435387.jpg

運河から離れ堺町通りへ。
私たちは買い物クルーズです。
f0054429_15213058.jpg

f0054429_1447185.jpg

f0054429_14472528.jpg

蔦、ツタ、つた。
f0054429_14481922.jpg

大正硝子館の横の小川で鮭の産卵を見ることが出来ました。
f0054429_14512376.jpg

ユニークな昆布屋さんの看板。天井には昆布がインテリアになっていました。
7日食べたら鏡を見なさいの意味深な言葉につられ、昆布の粉を買ってきました。
f0054429_14543469.jpg

他にも沢山の店があります。
f0054429_14552817.jpg

時間が足りませんでした。
今夜の宿、定山渓温泉へ向かう道中の車窓から朝里峠(13景)
f0054429_15204882.jpg

定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌。
f0054429_152511100.jpg

f0054429_15255877.jpg

f0054429_1526216.jpg

[PR]
by himakura2 | 2014-11-10 15:06 | 旅行