今を輝く


by himakura2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

3月21日 フランス、世界遺産モン・サン・ミッシェル観光

今朝は6:00起床、朝食は6:30と早めです。
こちらが3連泊のホテルですが、兎に角狭かった。
f0054429_14495268.jpg






3日間お世話になるバスですが、窓の宣伝の文字がこれから大いに悩ませてくれます。
f0054429_14515515.jpg



7:30ホテル出発。
370km離れた世界遺産モン・サン・ミッシェル(聖ミカエルの山)へ。
往復10時間 観光3時間の強行スケジュール。
長距離なので運転手さんも2人です。
フランスの高速道路料金所です。
今日はバスの前方の席をゲットでき、バンバン写すぞと思ったら、見事にバスの宣伝の文字が写りこんでいました。
f0054429_1452532.jpg



この木に何度も出会います。
まるで鳥の巣のようですが、そうでもないようです。
f0054429_14534038.jpg



青山高原の風車を思い出す風景に出会いました。
3基ほどが道路わきにありました。
f0054429_14543547.jpg



高速道路の道すがらこの茶色の看板が次々と出てきて、楽しませてくれます。
一つはこれから訪れるモン・サン・ミッシェルです。
f0054429_14573146.jpg



f0054429_14582668.jpg



f0054429_1459379.jpg



田舎にやってきました。
f0054429_150596.jpg



f0054429_1503064.jpg



モン・サン・ミッシェル周辺は羊たちが草をはむ牧歌的な風景が広がっています。
ここの羊の肉は塩の味がついた草を食べているからしょっぱいようです。
f0054429_1511447.jpg



f0054429_1515386.jpg



モン・サン・ミッシェルです。
神々しいような迫力ある奇景、素晴しい建造物にしばしシャッターを押すのも忘れるほど。
このモン・サン・ミッシェルは花崗岩でできているようです。
2011年頃には船でしか入ることが出来なくなるそうですが、そうなると満潮待ち?
モン・サン・ミッシェルはバチカン、エルサレムと並ぶカトリックの3大巡礼地であり、その巡礼地としても栄えているそうです。
f0054429_1534379.jpg



何もない岩山に小さな礼拝堂が建てられたのが708年。
その後数世紀にわたり増改築がおこなわれたことから、様々な時代の様式が取り入れられ戦艦のような形になっている、独特の建築様式が特徴です。
f0054429_1554022.jpg



もともとは、この岩山に大天使ミカエルが舞い降り、修道院を建てるように告げたという場所。
要塞や牢獄としても使用されたことがあり、その名残をとどめています。
f0054429_157065.jpg



f0054429_1575371.jpg



入り口をくぐれば規模は違うが、京都三年坂の坂道を思い出す光景に出会う。
小さな店が並ぶグランド・リュ。
f0054429_1591939.jpg



木彫りのお土産屋さん。
ドイツでもよく見かけた看板がここにもありました。陸続きを感じます。
f0054429_15113154.jpg



f0054429_15115899.jpg



修道院の入り口となる90段の階段。
現在23人が住人、その内13人が修道女だそうです。
修道女として入ることは名誉なことであったが、大変なことでもあったようです。
f0054429_1513084.jpg



階段下に蛇口が。
イタリアのポンペイ遺跡にもありました。
同じものかな?
f0054429_15134740.jpg



修道院付属の教会。
f0054429_15145911.jpg



修道院の中庭を取り囲むように円柱が並ぶ回廊。
祈りと瞑想を行う大切な場所。
一つ一つ模様が違っています。
f0054429_15154988.jpg



f0054429_15163839.jpg



f0054429_15165958.jpg



色んな顔を見せる建造物にデジカメも大忙しだ。
f0054429_15194788.jpg



f0054429_15201623.jpg



f0054429_15205771.jpg



f0054429_15212073.jpg



f0054429_15221469.jpg



f0054429_15233033.jpg


f0054429_15243464.jpg



f0054429_15252568.jpg



f0054429_15214863.jpg



f0054429_1526506.jpg



f0054429_15273350.jpg



f0054429_15282157.jpg



f0054429_152858100.jpg



f0054429_15292070.jpg



f0054429_23373371.jpg



f0054429_1530192.jpg



f0054429_15303489.jpg



f0054429_15322574.jpg



f0054429_15324054.jpg



羽を休めてカメラに収まってくれました。
f0054429_1535678.jpg



f0054429_15354580.jpg



f0054429_15361515.jpg



f0054429_15363311.jpg



さきほど上空を舞っていた二羽かな?
f0054429_22593635.jpg



この石塀の上にはペンペン草が顔を出していました。
f0054429_231370.jpg



f0054429_231413.jpg



教会前のテラスからの素晴しい展望。
f0054429_15373281.jpg



やわらかな光が差し込む食堂。
f0054429_2332217.jpg



川の左がノルマンディー。
f0054429_1841172.jpg



f0054429_18414544.jpg



島を取り囲む広大な干潟は引き潮であれば歩くこともできます。
f0054429_1539862.jpg



ネオゴシック様式の尖塔。
塔のてっぺんに聖ミカエルの黄金の像が輝く。
ミカエルはガブリエル、ラファエルと並ぶ3大天使です。
f0054429_2127817.jpg



f0054429_21274828.jpg



お腹も空いてきた所で、ふわふわオムレツ発祥のレストラン「ラ・メール・プラール」へ・・・ここのプーラールおばさんのオムレツは50ユーロ(ロブスター付き?)もするらしく高いので、支店らしき所で食事をすることにした。
ふわふわオムレツの高さは6cm程。
潰せば中には何もなし。イメージが狂った。
f0054429_21282565.jpg



f0054429_21313374.jpg



モン・サン・ミッシェルの模型。
f0054429_21322127.jpg



聖ミカエルの像がありました。
f0054429_22453032.jpg



このお店でチョット一息コーヒータイムです。
f0054429_21331418.jpg



名物のプーラールおばさんのクッキーは美味しかった。
味見のクッキーめがけて、雀がスタンバイ。
f0054429_2134510.jpg



f0054429_2134334.jpg



370kmを戻ってきました。もうすぐパリです。
外気温12℃
f0054429_2137058.jpg



レストランではハネムーナーの人たちの祝いや、誕生日祝い(私)のいきな計らいを添乗員さんがしてくれた。
私は自分自身に黒ビールで祝っておいた。
f0054429_2135346.jpg



パリの果物屋さん。
f0054429_21374372.jpg



明後日は午前中、地下鉄のメトロに乗ってパリ見物。
案内のメモをパチリ。
何しろ自力行動だから要チェックです。
f0054429_2138309.jpg

[PR]
by himakura2 | 2010-04-13 22:45 | 旅行